Apple wireless keyboardからMagic keyboardに切替後の衝撃

Magic keyboardってどうなの?

結論から言うとキータイピングが「Magic keyboard」のおかげで大好きになりました。
この記事を書いている時もすごい気持ちよくキーを打ち込んでいます!
具体的にどういったところが使いやすいと思うかを書いていきます。

僕が感動したApple wireless keyboardとMagic keyboardとの違い

1.キーストロークが短く無駄な力を入れずに軽やかなタイピングができる。
2.キーのどの場所でも同じ力でタイピングできる。
3.USB Type-Cによる充電式。
以下、具体的に書いていきます。

驚愕するほどのタイピングのしやすさ

以前の僕は、ノートパソコンで使用されているタイプのパンタグラフ式キーボードが嫌いでした。
ちゃんと押してる感じないし、ぺたぺたとキーを打ってても楽しくないし、すぐに壊れそうなあの嫌な感じ。
iMacを買って標準で付いてきたバタフライキーボードのMagic keyboardですが、きっと使わないだろうと思っていました。
ですが、一度試しに使ってみると、無駄な力を入れずに軽やかにキータイピングができるおかげで、タイピング速度もはやく、かつ疲れにくなりました。
また、パンタグラフ式キーボードとは違い、”確かな反発力”があるので、きっちりした打鍵感があり、タイピングが最高に楽しいです。
”タイピングが楽しい”、これが最重要だと思っています。
これに加えて、タイピング速度と疲労度が改善されているとなると、このキーボードを使わない理由はありません。
今まで使って来た数々のキーボードの中でダントツの使いやすさです。本当におすすめです。

キーボードの電源供給方式

Apple wireless keyboardでは、単三電池2つを入れてましたが、Magic keyboardではUSB Type-Cによる充電式です。
これで、電池がない!買ってこなくちゃ…。
ということが2度と発生しません。
はい、使用するパソコンとキーボードをつなぐだけで解決です。

最後に

Magic keyboardを買おうか検討している読者の方は、絶対に買ったほうがいいです。
確かに、値段はそこらのやすいキーボードと比べたら高いですが、キータイピングが楽しいという精神的疲労の改善と手の疲れにくさを考えると簡単にペイできるはずです。
ちなみにですが、横幅が短いのでテンキーなしをおすすめします、マウスもしくはトラックパッドへの移動距離が短くなるのですごい楽です。
そして、マウスではなく、絶対に「Magic Trackpad2」をおすすめします。
ということで、下記にリンクを一応貼っておきます。
Apple本家サイトへのリンク(Magic keyboard(JIS テンキー無し))
※アフィリエイトの為に作った記事ではありません。
このキーボードを買って、より楽しいタイピングライフを送りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です