MacキーボードでEnterを親指で出来るようにする

使用するキーボード

キーボード配列がJIS。
Magic keyboardもしくはMagic keyboard2。

親指でEnterキーを押せるようにした動機

Enterキーを小指で何度も打鍵するのがつらいし、小指が痛くなる…。
だから、親指でEnterキーを押せるようにしたいと思いました。

どういったキー配列に変更するのか

  1. ”かな”の右側にある”Command”を”かな”にする。
  2. ”かな”を”Enter”にする。

右側の”Command”キーってほとんど使わなくないですか?
僕は不必要だと思うので右側のCommandを使えなくして、”かな”変更します!
元々”かな”があるところは、Enterにし、Enterが二つあるような状態にする。
これが、想像しているよりもはるかにキーボード操作が楽になります(僕は)。

キー配列の変更方法

Karabinerというキーボード配列変更ツールをインストールし、配列を変更してみてください。
キーボード配列変更ツール – karabiner
karabinerの使い方に関しては、説明しなくても分かると思いますので割愛します。

所感

小指でキーボードを叩く回数が格段に減ったので、すごい快適になりました。
あとは、小指で矢印を打たないといけないのが苦痛です。
Linuxだとxmodmapを使って、vimのように空いたキーボード+h,j,k,lを打って矢印操作が出来ていたのですが、Macでは出来ないようですので、知ってる方教えてください。
Linux Ubuntuで矢印操作をVim風にする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

山中 雅彦

大分でWebシステム受託開発会社のバックエンドエンジニアとして働いてます。 Laravel5でのシステム開発を中心に仕事してます。 高校卒業後に鉄鋼会社で電気整備の仕事をする傍ら、HTML、CSS、JS、PHP、MySQL、サーバ関連技術を独学で勉強。 2017年9月にWebシステム開発会社に入社し、システム開発をしています。 Web技術全般が好きなPHPerです。