CentOSでbowerをインストールしてテンプレをLaravelに組み込む

環境

CentOS 7.4
Laravel 5.6

bowerをインストールする手順

sudo yum update -y
sudo yum install -y epel-release gcc gcc-c++ git libtool-ll libtool-ltdl-devel lsof make unixODBC unixODBC-devel wget
sudo yum install -y nodejs npm --enablerepo=epel
sudo npm install -g node-gyp bower

上記コマンドを打てばbowerをすんなりインストールできます。

Laravelに、bowerを使ってGitに置かれてあるデザインテンプレートをインストールする

私がbowerをインストールしようとした理由になるのですが、bowerでGitHubに置かれてるAdminBSBMaterialDesignというデザインテンプレートをインストールしたかったんです。
ちなみにLaravel
[GitHubへのリンク] AdminBSBMaterialDesign
[AdminBSBMaterialDesignのデモページ] AdminBSBMaterialDesignデモページ

Laravelのプロジェクト内の”public”ディレクトリ直下に移動し、下記のコマンドを打てばドキュメントルートに”bower-components”というディレクトリが作成されて、その配下にAdminBSBMaterialDesingのCSSやJSなどのデータがインストールされます。
bower install adminbsb-materialdesign

bower-componentsというディレクトリ名を変更したい

デフォルトのディレクトリ名は少し気に入らないので、”vendor”とかに変えよう!というときは、publicディレクトリ直下に”.bowerrc”というファイルを作成。
下記を記述します。
{
"directory": "vendor",
}

これを記述してからもう一度、bower installすればOKです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

山中 雅彦

大分でWebシステム受託開発会社のバックエンドエンジニアとして働いてます。 Laravel5でのシステム開発を中心に仕事してます。 高校卒業後に鉄鋼会社で電気整備の仕事をする傍ら、HTML、CSS、JS、PHP、MySQL、サーバ関連技術を独学で勉強。 2017年9月にWebシステム開発会社に入社し、システム開発をしています。 Web技術全般が好きなPHPerです。