Laravelにて自己参照型の多対多を実現する

自己参照型の多対多のリレーションをはることで、「コンテンツが複数コンテンツを持つ」といったときに便利なデータ構造になります。下記のように実装すれば実現できます!

    /**
     * 自身が持つ関連コンテンツを取得する
     */
    public function contents()
    {
        return $this->belongsToMany(Content::class, 'content_content', 'from_content_id', 'to_content_id');
    }

    /**
     * 自身を持つ関連コンテンツを取得する
     */
    public function toContents()
    {
        return $this->belongsToMany(Content::class, 'content_content', 'to_content_id', 'from_content_id');
    }

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です