Auth::routes()の不要なルーティングを正規の方法で削除する方法

Auth::routes([
  'register' => false, // 会員登録のルート削除
  'reset' => false, // パスワードリセットのルート削除
  'verify' => false, // 仮登録のルート削除
]);

簡潔です。上記コードで解決できます。showLoginForm()をオーバーライドする方法やAuth::routes()を使わずに必要なルーティングだけを記述していく方法など、解決方法は多岐に渡りますが上記の解決方法が最もスマートで美しい方法だと思います。この書き方が乗っている記事が英語でしかなかったのでメモメモ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です